【画像】甘露寺蜜璃の隊服が特殊な理由はゲスメガネが原因!鬼滅の刃

鬼滅の刃で登場する鬼殺隊で恋柱として活躍する甘露寺蜜璃(かんろじみつり)。

そんな甘露寺蜜璃ですが、鬼殺隊の隊服が1人だけ異質なキャラクターでもあります。

今回の記事では一体なぜ甘露寺蜜璃の隊服で胸元が空いているのか?の理由を解説していきます。

目次

【画像】甘露寺蜜璃の隊服で胸元が空いているのはなぜ?

甘露寺蜜璃 隊服 理由

こちらは甘露寺蜜璃の隊服がよく分かる画像となります。

甘露寺蜜璃の隊服は他のキャラクターと違うポイントがいくつかあります。

  • 胸元が空いている
  • ミニスカートを着用している
甘露寺蜜璃 隊服 理由

こちらは同じく柱の胡蝶しのぶの隊服となりますが、ズボン&胸元は空いていません。

そういったコトを踏まえると、甘露寺蜜璃の隊服が奇妙な形になっているのは明らかです。

では一体なぜ甘露寺蜜璃だけ隊服が異なっているのでしょうか。

【甘露寺蜜璃】隊服は隠のゲスメガネ前田氏の趣味?

甘露寺蜜璃 隊服 理由

結論を言ってしまうと、甘露寺蜜璃の隊服はゲスメガネの趣味であることが明らかになっています。

こちらは鬼滅の刃外伝で明らかになっており、隠の人が趣味で作ったモノのようです。

実際に甘露寺蜜璃も初めて隊服をもらったときは「サイズがあっていない」と疑問に感じていたようです。

ただ、隠の人である前田まさおから「ドンピシャです」という言葉を聞いて、納得したんだとか。

ゲスメガネの前田ますおは女性の隊服を好みに作ることで有名

甘露寺蜜璃 隊服 理由

この他にも甘露寺蜜璃の隊服を作ったゲスメガネこと前田氏について、鬼滅の刃21巻で語られています。

ゲスメガネこと前田ますおはカナヲの隊服も作っており、キュロットパンツの丈が短くなっているコトに関してコメントしています。

甘露寺蜜璃 隊服 理由

実際に栗花落カナヲの隊服を見ると、丈が明らかに短くなっていることがわかります。

胡蝶しのぶは前田ますおが作った隊服を燃やした過去もw

甘露寺蜜璃 隊服 理由

こちらは鬼滅の刃の12巻で掲載されたモノとなります。

甘露寺蜜璃が初めて参加した柱合会議で胡蝶しのぶに会ったときのシーンです。

なんでも胡蝶しのぶも前田氏に隊服を作ってもらったようですが、マッチで燃やしたんだとか。

甘露寺蜜璃の羽織&靴下について

甘露寺蜜璃 隊服 理由

鬼殺隊の剣士は羽織をしているキャラクターが多いです。

実際に柱は全員が羽織を持っており、それぞれ特徴が存在しています。

そんな羽織ですが、甘露寺蜜璃は自分を継子として育ててくれた煉獄杏寿郎からもらったようです。

鬼殺隊士になったお祝いにもらったようで、柱になった現在も使っているんだとか。

靴下は伊黒小芭内からのプレゼントだった

甘露寺蜜璃 隊服 理由

甘露寺蜜璃は靴下を履いていますが、こちらは伊黒小芭内からのプレゼントとなります。

ちなみに、靴下をプレゼントした理由は帰札見聞録の鬼殺隊報号外に掲載されているようです。

理由は甘露寺蜜璃が隊服を恥ずかしがっていたので、肌が隠れるように眺めの靴下をプレゼントしたんだとか。

まとめ

今回の記事では鬼滅の刃に登場する甘露寺蜜璃の隊服について紹介していきました。

隊服の理由に関しては隠のゲスメガネである前田氏による制作意図があったようです。

他の隊員にもゲスな隊服を勧めている可能性は高いですが、他のキャラクターでも同じように奇抜な隊服をしていたキャラクターはいたのかも気になるところですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次