【画像】炭治郎の痣の変化を時系列で紹介!変わったのは4回でいつから発現した?

鬼滅の刃の主人公、炭治郎の特徴の1つにおでこの痣(あざ)があります。

実はこの痣は物語にとって重要な意味があり、時間とともに4回も変化しているんです。

今回は炭治郎の痣の変化を、画像を交えながら時系列で紹介していきます。

目次

【画像】炭治郎の痣の変化を時系列で紹介!

炭治郎 痣の変化 画像

炭治郎の痣の様子がわかる画像を時系列に沿ってまとめました。

炭治郎 痣の変化

時系列で振り返ると、炭治郎の痣が変化したタイミングは以下の4回でした。

  1. 最終選別で手鬼との戦闘
  2. 上弦の陸の鬼との戦闘
  3. 柱稽古で限界以上の力を出したとき
  4. 上弦の参・猗窩座との戦闘

うち3回は、いずれも強い鬼との戦闘中です。

生命にかかわるようなギリギリの死闘の中で、炭治郎の痣が変化してきたことがわかります。

それではココから炭治郎の痣の変化を確認していきましょう。

炭治郎の痣は最初は火傷の痕だった

炭治郎 痣 やけど 痣の変化

上の画像が、鬼殺隊に入る前の炭治郎です。

おでこの痣は、楕円形のような形でくすんだピンクのような色ですね。

実はこれは痣ではなく、火傷の跡なんだとか。

炭治郎 痣の変化 やけど おでこ

「倒れた火鉢から弟を庇ってできた火傷である」という事実が本編中に出てきます。

家族想いの炭治郎らしいエピソードですね。

最終選別でおでこに傷ができて痣のような形へ

炭治郎 痣 痣の変化 おでこ

こちらは、最終選別の跡の炭治郎です。

おでこの痣は、「く」の字のようなギザギザとした形になっています。

色も赤黒い感じになり、もともとの火傷跡とは明らかに違いますね。

炭治郎 痣の変化 おでこ

最終選別での手鬼との戦いで頭をケガしたことが、変化のきっかけとなっているようです。

上弦の陸との戦いで痣が大きく変化

炭治郎 痣の変化 おでこ

こちらは、遊郭編で「上弦の陸」の鬼との戦闘シーンです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次